annnai.jpg

2010年09月02日

映画 遊星からの物体X

9月になったって言うのにまだまだ暑いですな!

暑い時には恐怖で涼むのが大人のたしなみ!

今日紹介するのは「遊星からの物体X」です。


原題「THE THING」
主演:カート・ラッセル
監督:ジョン・カーペンター

「ゴースト・ハンターズ」「エスケープ・フロム・L.A.」もこのコンビの作品です。

舞台は南極−−−閉ざされた氷の地−−−逃げ場は、ない−−−
ノルウェーの南極調査隊は不可解な全滅を遂げていた。
調査を始めたアメリカの南極調査隊は「記録フィルム」と「焼死体」を基地に持ち帰る。
そしてその頃一匹の「犬」が基地に近づいていた…

冒頭はこんな感じです。
これ以上は実際に見て驚き、恐怖におののいていただきたい。

絶対に画像検索しちゃダメです。物語に沿って体験してください。

「うわっ、何だ?これ!?」って思ったら
そ い つ が「THE THING(それ)」なんです。


1982年製作の映画なのでCGとかはありませんが決して映像はしょぼくないです。
脚本・演出・演技でこんなにものめり込めるとは!
サスペンス・スプラッター・クリーチャー
ジリジリと迫る圧迫感のような恐怖
見たくないけど確認したくなる暴虐
明らかに常軌を逸した「何か」
色んな恐怖を堪能できる良作です!

犬・頭・血液検査・・・ここらへんがマミにゃんのツボでしたね!
怖ぇーんですよ。

※トラウマになっても責任は持てません、自己責任でご鑑賞ください。

今回紹介するにあたって色々調べていたら2011年にリメイク版が公開予定だそうです。
メアリー・エリザベス・ウィンステッド主演のようです。
「ダイ・ハード4.0」のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の娘

「遊星よりの物体X(The Thing from Another World)」1951年が最初の映画化だったのでこれで3度目の映画化ですね。

楽しみ半分不安半分ですが、公開されたら見てみたいです。

原作の短編小説、ジョン・W・キャンベル・ジュニア「影が行く」も機会があったら読んでみたいです。


ラベル:オコトバ 映画
posted by マミにゃん at 01:25| 広島 🌁| Comment(0) | マミにゃんのオコトバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: